珪藻土歴史

珪藻土はとても豊富な鉱物資源とし、多孔性、強い吸着性、軽質、高い融点、吸音、低い屈折率、化学性能が安定的であるなどの特徴を有するため、幅広く応用されています。珪藻土は原料として用いられることが既に約百年間の歴史を有し、吸着と濾過に用いられることを始めとし、製品が既に環境、建築、農業、工業、冶金、食品、化学工業、電子などのそれぞれの分野に幅広く応用されています。645年、日本の宮殿の壁や地面に珪藻土が幅広く応用され、皇帝は高品質のセラミックという称号を与え、そして高級な伝統技術としてずっと伝播されています。最近、技術の発展と大衆がエコ空間に対する憧れに伴い、珪藻土のホーム製品も研究されました。